『昼顔~平日午後三時の恋人たち~』 第2話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

 

 

【相関図】

 

SnapCrab_NoName_2014-7-18_20-41-0_No-00

 

 

 

昼顔第2話 7月24日放送分あらすじ

 

ある朝紗和(上戸彩)が夫の俊介(鈴木浩介)が会社に行くところを見送っていると、姑の慶子(高畑淳子)が紗和に話があるとやってきた。先日利佳子(吉瀬美智子)の元不倫相手の智也(淵上泰史)とマンションの下で利佳子について話しているところを偶然見た慶子は、紗和と智也が浮気をしているのではないかと問い詰めに来たのだった。

 

紗和は智也とはただの知り合いだと弁解するが、北野(斎藤工)のことが頭から離れなくなり妄想ばかりしてしまっていたため慶子に浮気ではないかと言われ動揺する。

 

 

利佳子は画家の加藤(北村一輝)にもう1度自分の絵を描いてもらいたいと、夫の徹(木下ほうか)から頼んで欲しいと話す。しかし徹は自分にケンカを売っているからあんな絵を描くのだと、加藤が描いた絵を捨ててしまう。

 

 

紗和がパートをしていると、利佳子が仕事が終わったら会おうとやってきた。渋々待ち合わせ場所に行った紗和が目にしたのは北野の姿だった。北野は示談の話をするために利佳子にここに来るように言われたと話す。

 

北野と2人きりになってしまった紗和は自分は結婚していて子供はいないことを告げる。すると北野からも結婚2年目で1歳年上の妻がいるという返事が返ってきて紗和は驚く。

 

紗和が夕食の支度があると帰ろうとすると、北野が連絡先を交換しようと言う。そんな会話をしているところをまたしても慶子に偶然見られてしまう。

 

 

一方利佳子は徹に内緒で加藤のアトリエを訪れ、もう1度絵を描いてほしいと頼む。しかし加藤はあなたには美しさを感じない、プロは対象を愛せないと描けないのだと言って断ってしまう。

 

 

その夜紗和は慶子と俊介から男と立ち話をしていたのはどういうことか?と責められる。するとそこに利佳子が訪ねてきて、その男性たちは私の知り合いだと助け舟を出してくれる。この前の借りを返すと。

 

 

ある朝、俊介が大切にしているハムスターが1匹逃げてしまう。激昂する俊介に対し、ハムスターなら都合のいいときにかわいがればいいだけだ、そんなに好きならハムスターと結婚すればいいと紗和は怒って家を飛び出す。結婚して始めてのケンカだった。

 

 

紗和がパートに行くと、智也が契約社員としてスーパーに入社してきていた。利佳子を向かえに行くために、真剣に働こうと思っていると智也は言う。他の女の子ではなく、利佳子がいいのだと。紗和はそんな智也にストーカーみたいだと言う。

 

 

紗和はパートからの帰り道に出会った利佳子の家でお茶をして、智也のことを伝える。利佳子は紗和に向かって、夫が自分を愛していないことは知っているが、今の生活を失いたくないから見ないふりをしているだけだと言う。抱き合えばそれだけで心が通じ合えるの?と聞かれた紗和は、抱き合えてもいない現状にトイレで涙を浮かべる。

 

 

紗和がトイレから戻ると、利佳子が紗和の携帯を手にしていた。北野にワン切りしてみようという。怒る紗和に対し、利佳子も自分の携帯を差し出し、加藤にワン切りしてという。たった1回コールするだけで退屈な毎日が変わり生きる実感が沸くと。それぞれの男性にコールをした2人、どぎまぎしている紗和に対し、利佳子は友達が嫌なら共犯者になりましょうと言う。

 

 

一方利佳子はまた加藤のアトリエを訪れていた。先日の電話を折り返さないということは私のことが好きなのだと利佳子は言う。利佳子の要望通り絵を描くことにした加藤は、庭に利佳子を移動させ、脱ぐように告げる。ありのままを描いてほしいのでしょ?と。

 

 

また紗和は北野と小高い山にある公園に虫を探しに来ていた。突然の夕立の中、雨宿りをするために走ると、また紗和の靴紐がほどけてしまう。それをしゃがんで結びなおしてくれようとする北野の姿を紗和は愛おしく思い、思わずキスをしようとするが、北野はそんな紗和を突き飛ばす・・・

 

 

 

 

【感想】

紗和と北野、利佳子と加藤の2組の関係がが少しずつ動き出してきましたね。予告にも出ていたので最後に紗和と北野はてっきりキスをしてしまうと思っていたら、北野が突き飛ばすという思いもよらない展開でビックリしてしまいました。先が読めるようで読めない展開です!上戸彩ちゃんがさえない主婦役というのも今までになく、しかも不倫に走っていくっていうところばかりが注目されているようですね。でもそれ以外にも吉瀬美智子さんはものすごく妖艶な雰囲気満載だし、こんな荒れた感じの役をしている北村一輝さんなんて見たことないしで、物語の内容がおもしろいだけじゃなくて演じている俳優さんたちの違った一面も見れて引き込まれてしまいます!

 

 

でも紗和の旦那さんが逃げ出したハムスターを怒りながら真剣に探すシーン、こんな旦那めんどくさい~~と心底思ってしまいました。結婚して5年が経ち、自分のことを愛していないかもしれない、子供を作る気もなさそうで、しかもハムスターばかりかまっている旦那・・・ なのに文句も言わずに「仲良し夫婦」だと利佳子に言い張る紗和は本当にイイ主婦です。こんなめんどうな旦那がいて、子供もいなければ、私だったら・・・