『信長のシェフ2』 第2話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

 

 

あらすじは公式サイトに書いてあるので、

そちらをご覧ください!

 

それでは感想です!

 

 

武田信玄の迫力が凄いです。ま、まゆげ!目はカラコンかな。冒頭の「風林火ざ~んっ!」がすごく怖いのと凄い存在感。風林火山の意味も説明してくれて、そういう意味だったのかと思いました。久秀は、信長が比叡山焼き打ちで女こどもまで皆殺しにしたのをこの目で見たと言って、武田をけしかけようとするも、武田は読み手なので先を読み、今は動かぬと決めました。作戦が狂った久秀が、その後心のつぶやきで本心をばらしました。どうやら誰の味方でもなく、自分が天下を取りたいだけのよう。お年寄りなのに、まだそういう野望を抱いているなんて。私だったら、天下を取ったものの側についてコントロールする方がいいです。それにしても、久秀は意地汚くてずるいクズだと思います。「わしはわしだけの味方よ~。」なんて言っていましたが、こうゆう人が天下をとって誰がついてくるんだって感じです。

 

 

2話で、比叡山のことを信長は、「自分の行く手を阻むものは全て排除する」と言ってましたが、その意味がわかりました。信長包囲網の作戦を破るために、比叡山を焼き討ちにして逃げ道を作ったとゆうことです。自分が囲まれていることに気づいていた信長、やりますね。

 

 

ケンは農民に料理教室を開いていました。“干し肉のジャーキー”おいしそう。真似して家でもできるかな。家の中に干しておくのは嫌だけど。そのジャーキーを使って作ったのが、“ジャーキーと里芋のパルマンティエ風”。それを食べた信長が、「噛む程に旨みが広がる」って...とてもコメントの上手い信長様。

 

 

いつもいろんな呼び方をされるケン。今回は、『奇天烈料理を作る男』『摩訶不思議な男』『尋常ならざる料理をつくる男』『信長の料理人』表現のバリエーション豊富ですね。

 

 

 せっかく夏が、ケンの身代わりになって捕まっていったのに、ケンばれるの早すぎ~追いかけるの早すぎ。ケンをさらった秋山が素敵な男で見るのが楽しい。秋山のお陰で信玄に殺されることなく、料理を作ることになったけど、信玄に出した料理が麺だけだったのは驚きました。これは確かに殺されるでしょと思いましたが、信玄が食べてくれて、ひと安心。

 

 

内臓が悪い人にはあーやって、スープに肉や椎茸や野菜のたくさんの栄養を染み込ませてあげたらいいんだなと勉強になりました。消化しなくていいし栄養がとれるし。それにしても、とても美味しそうなスープだったなあ。ケンが、信玄の家臣たちに信玄にふさわしい料理を教えてあげて、ケンは信長のところに帰れたらハッピーなんだけど。そうはいかず、信玄のところで住むことになってしまいました。これは信長も怒るでしょうね。

 

 

ケンがいなくなって、やっと出番の回ってきた井上さん。面白かったです。ケンが作ったフレンチを食べていた信長には確かに古くさい料理ばかりでした。でも井上さん頑張ってるのに認めてもらえなくて可哀想。ヤキモチやいてプンプンしてる信長様が怖いけど可愛い。信長様が、ケンに出した手紙の「死」は、どういう意味なんだろう。毎回謎を残してくれるラストで、次回も楽しみです。