『HERO』 第3話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

 

 

HERO第3話 7月28日放送分あらすじ

 

SnapCrab_NoName_2014-7-15_16-57-35_No-00

「絶対に謝らない検事!」

 

 

ある夜城西署より、取り調べ中の被疑者・佐伯亘が留置場で亡くなったという連絡が城西支部に入る。その夜の当番は久利生公平(木村拓哉)だったため、その連絡を受け城西署に向かう。仕事を終え、ようやく久利生から離れて自由な時間を過ごしていた麻木千佳(北川景子)ももちろん呼ばれ、しぶしぶ城西署に向かう。立ち会いの医師によると心筋梗塞による死亡だという。

 

 

翌朝、城西支部に長谷川洋介と名乗る人物から電話が入る。その名前は亡くなった佐伯に殺された被害者だったため、その事件を担当していた田村雅史(杉本哲太)と遠藤賢司(八嶋智人)は驚いてしまう。しかし、相手は洋介ではなく、父親の長谷川誠一(前田吟)であった。佐伯の裁判はいつごろ始まるのか?と聞かれるが、被疑者死亡で不起訴になると思うと遠藤が説明すると、電話口で誠一は絶句する。

 

その日から誠一が担当検事に会わせろと遠藤に電話してきたり、会いに来るようになってしまった。しかし担当の田村は会おうとしない。

 

 

一方、久利生と麻木は覚醒剤の所持と使用による被疑者・川邊涼子(西原亜希)の取り調べを行っていた。やけにすんなりと罪を受け入れ、こんな失敗は忘れて人生をやり直しますという涼子。しかし動機が気になった久利生は涼子の周辺の人物に話を聞くまで起訴しないと言う。それに対し、罪を認めているのになぜと麻木は怪訝な顔をする。

 

 

久利生は偶然誠一に会う。まさか久利生が検事だとは思わず誠一はいろいろな思いを口にする。被疑者が死亡してしまった場合、検事は不起訴とするしかできないと誠一に伝えると、そんなことはわかっているが、悔しいという気持ちだけでは終われないのだと涙をこぼす。

 

 

城西支部では、相手に不満を募らせたメンバーたちが口々にペアを変えて欲しいと部長の川尻(松重 豊)を困らせたため、担当が総換えとなる。麻木は田村につき、久利生には末次隆之(小日向文世)がつくことになった。

 

 

末次と共に久利生は再度涼子の取り調べを行う。サバサバしすぎている涼子に対して「自分のやったことがわかっていない」と久利生は言う。涼子が覚醒剤を買ったお金が暴力団や犯罪組織に回り、他の犯罪に使われるのだ。また涼子は軽々しく人生やり直すと言うが、そんなに簡単ではない、覚醒剤は精神的にも肉体的にも依存性が高いため断ち切るのは本当に大変なのだと久利生と末次は諭す。心から心配してくれる人たちがたくさんいるということを絶対に忘れてはいけないと久利生が告げると、涼子は涙を流し罪の重大さを実感する。

 

 

久利生についたために残業をしている末次に田村が声をかける。久利生は担当する被疑者にちゃんと向き合っているため、被疑者たちは納得して処分を受け入れる、ああいう取り調べの仕方もありだと末次は言う。

 

 

それを聞いた田村は誠一に取り調べの内容を伝えたいと川尻、牛丸(角野卓造)に直訴する。真実を知りたがっている遺族に誠意をもって対応したいと。

 

 

誠一を招き、田村は事件の概要を伝える。最初は正当防衛を主張していた佐伯だが、取り調べの6日目に、洋介に非はなく、自分が悪かったと供述をひるがえした。しかしその夜に佐伯が死亡したため、この事件は被疑者死亡による不起訴という結論になってしまったと。それを遺族の気持ちを考えずに対応してしまったことを田村は謝罪をする。

 

誠一は孫のために、洋介が亡くなった理由を聞きたかっただけだという。父親がケンカをふっかけて殺されたのでは孫がかわいそうだと。最後に誠一は、佐伯の最後の供述は真実だったと断言できるか?と問う。それに対し断言できると答えたのは遠藤だった。また、田村も佐伯の供述は真実だと誠一に向かって断言する。それを聞いた誠一は晴れ晴れした顔で城西支部を去っていった。

 

 

そして担当が変更になった事務官たちは、またもとの検事につくように川尻に告げられる・・

 

 

八嶋さんが「なんて日だ!」とバイきんぐ小峠さんのギャグをさりげなく入れてましたね。

 

それとなく流行りを取り入れる・・・といえば、今回の久利生が担当した覚醒剤事件も最近の話題だからでしょうか?もともとそういう脚本だったのか、事件をうけて敢えて入れてきたのでしょうか。あまりに同時進行で取り調べが進んでいたので、最後には実は佐伯の事件に関連していた!という結論なのかと思っていたんです。でも覚醒剤の怖さについてを説くように終わってしまいましたよね。だからHEROを見ている人たちに覚醒剤は怖いというメッセージを伝えたかったのかなと思いました。視聴率がいいということは少なからず影響はあるはずなので。

 

そして、ついに田村&馬場の2人の仲が悪い理由が明かされました!6年前にいた部署で付き合っていたんですね。しかも付き合いながら、牛丸次席の娘さんとお見合いし結婚を決めたそうで。これで気になっていた点が1つ解決ですね。

 

また、今回の途中に「美鈴さんとペアを組んだ社交ダンス」という一言が出てきたと思ったら予告に出てきていましたね。大塚寧々さん演じる中村美鈴。ここから少しずつ前作のメンバーも出てきて絡むのかもしれませんね。次回も楽しみです!