『HERO』 第6話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

 

HERO第6話 8月18日放送分あらすじ

SnapCrab_NoName_2014-7-15_16-57-35_No-00「遠藤が逮捕!惨劇の合コン」

ある晩、遠藤賢司(八嶋智人)はいつものように若者たちに混ざって合コンに励んでいた。その夜は絶好調で、井戸(正名僕蔵)にノリノリの写真まで送っていた。酔っ払ってトイレに行った遠藤は個室から出て来た男に突き飛ばされ、メガネを落としてしまう。座り込んでいる男性の脇でメガネを探していて、手にしたものはなんと血まみれのナイフであった。

翌朝、城西支部に牛丸(角野卓造)から川尻(松重豊)に連絡が入る。遠藤が殺人未遂で逮捕されたというのだ。メンバーが驚いていると、特捜部がやってきて遠藤の身の回りの物を押収していき、特捜部の検事である首藤礼二(石黒賢)による遠藤の取り調べが始まった。各々自分たちの仕事に取り掛かるが、遠藤のことが気になってしょうがない。

川尻はメンバーに向かって、これは特捜部の事件だから手を出さないようにと指示をする。しかしこんなときなのに久利生公平(木村拓哉)は担当している金魚の事件の捜査に行くと言い出かけてしまった。金魚ショップを出た久利生と麻木千佳(北川景子)は、直接話を聞くため、刺された被害者が入院している病院に向かう。しかし病室の前にはたくさんの検察官が見張りをしていた。2人は友達だと偽って入ろうとするが、面会はできないと追い返されてしまう。しかし被害者は国会議員をしている代議士の私設秘書だという情報を看護師から得ることができた。

川尻はこの事件について疑問を感じ牛丸に聞きに行くが、どうも歯切れが悪い。そして川尻が城西支部に戻ると誰もいなかった。警備員の小杉(勝矢)によると、全員出かけているという。

メンバーは事件現場のダイニングバーに行き、スタッフたちに聞き込みを試みていたがなかなかうまくいかない。事件後に堂々と玄関からは出て行くのは難しい、裏の海に飛び込んで逃げたに違いないと推測するにとどまった。

久利生も疑問を感じて単独で城西署に向かい、警察で遠藤を取り調べた際の調書を見せて欲しいと頼む。しかし警察側はもっとしっかり捜査するつもりだったのに、検察から早く送検してくれと言われたというのだ。同じ検察という立場の特捜部と久利生の話がどうも話がかみ合わないことに、警察も疑問を感じ始める。そして赤い服を着ている男が犯人だと遠藤が取り調べで言っていたと教えてくれる。

特捜部は犯人探しはどうでもいいと思っているのではないか、被害者は自分が刺された理由も犯人もわかっているのではないか、と久利生は推測する。そしてその理由は被害者が秘書をしている代議士の黒いウワサなのではないかと。

そしてメンバーたちは赤い服の男について捜査を進める。聞き込みでは相変わらず有力な情報は得られなかった。しかし井戸に届いていた合コンの写真を見ると、すると当人たちの後ろに捜し求めていた赤い服の男の姿があった。久利生たちは城西署の助けを借り、その赤い服の男・暴力団組員で元水泳選手だという真犯人は逮捕されることとなった。今回の事件は選挙妨害の示談金を巡るトラブルが原因だったという。そして遠藤は無事に不起訴・釈放となった。

特捜部の目的は最初から黒いウワサのある代議士のスキャンダルであった。そこを暴くためであれば、秘書が刺されたという小さな事件の犯人は誰であってもよかったのだ。だから遠藤には我慢してもらったのだと首藤は言う。しかし久利生は身内とはいえ、無実の人間を拘束したことに対して遠藤に謝るべきだと反論すると、首藤は我々は傲慢だったと謝罪の言葉を口にする。

そして後日、城西支部には特捜部からおわびの品である松阪牛が届く・・・

代議士の黒いウワサならぬ、今回のHEROはイマイチという説が飛び交っているようですが・・・私は新キャストの今作もこれはこれで楽しく見ています。久利生の相方が変わってしまったこと、それが北川景子ちゃんだということ。やっぱり最初はしっくり来ませんでしたが、慣れてきたのかいいコンビに見えるようになってきました!

ただ前回の第5話では少なく感じたコメディっぽいところが、今回の第6話ではさらに少なくなってしまったような気がするのがちょっと残念ではありますが。個人的にはもっとテレビショッピングのネタとか、マスターの店でのちょっとしたやりとりなんかを増やして欲しいな~と思ってしまいます。それはそれでコメディっぽくなりすぎているという批判がでてしまうのでしょうが。

次回は馬場検事の元旦那が出てくると予告でやっていましたね。3話では田村が謝らないというのがメイン、4話は麻木のヤンキーの過去、そして5話は川尻部長、6話が遠藤。こうやってメンバー1人1人がメインとなる話が続くのだから、いずれは久利生メインの雨宮とのその後の話がでてきてほしいところです。ここから後半戦、どうなっていくのか楽しみです。