人生を変えるために止めなければならない12のこと

Ⅰ不誠実な人に時間を割くのを止める

1

幸福を吸い取るような人々と一緒にいるほど人生は長くはありません。あなたを必要としてくれている人々の所にこそあなたの居場所はあるのです。あなたを正しく評価しようともしない人々と時間を共有するのは本当に無駄なことです。そして、真の友人というものは、成功している時に共にいる人ではなく、逆境にいる時にこそ側にいてくれた人たちなのです。

 

Ⅱ困難から逃げない。

2

困難には正面から堂々と立ち向かいましょう。とはいっても、もちろん簡単なことではありません。降り掛かる困難を全て完璧に解決していける人などこの世には一人もいません。そもそも人間は問題をコンピューターのように即座に解決していけるようには設計されていないのです。事実、困難に直面すると、私たちはうろたえ、悲しみ、傷つき、挫き、挫折させられます。しかし、生きていく上で困難や問題に立ち向かい、学習し、適応し、そして最終的に解決していくことこそが生きる意味であり、なりたい自分の理想像へと近づいてく王道なのです。

Ⅲ自分に嘘をつかない。

3

たとえあなたが世界中の人々を欺いたとしても、一人だけ絶対に欺くことはできない人がいます。それは自分です。人生は難題に立ち向かうことで輝いていくものですが、それらの難題の中で最初に降り掛かり、そして最も困難なことは、自分自身に常に正直であり続けることなのです。

Ⅳ自分自身の願いを後回しにしない。

4

誰かを愛し過ぎることで自分を犠牲にすることは最も悲しい生き方です。愛する人と同様、自分もまた大切にしなければならない存在なのです。確かに、困って途方に暮れている人々は助けなければいけない存在ですが、自分を大切にすることができない人が他人を助けることはできません。あなたが実現したい夢や情熱、大切なこおがあるのなら、それを実行するタイミングは今なのです。

Ⅴ自分じゃない誰かになろうとしない。5

たとえ”みんなと同じように”振る舞うことを無言の圧力で強制されたとしても、自分自身を貫き通すこともまた困難なことです。そして誰かと比較することも愚かなことで、自分より容姿の良い人は必ず世界にいるし、自分より頭のいい人や裕福な人も必ず世界のどこかにいるのです。人から好かれたいがために、自分自身を変えるのは間違ったことです。ありのままでいいのです。ありのままのあなたを愛してくれる人こそが、本当の意味であなたを幸せにできるのです。

Ⅵ過去にとらわれてはいけない。

6

いつまでも過去にしがみついている限り、人生という名の物語の次の章へは進むことができません。

Ⅶ失敗を恐れない。

7

何かに一生懸命に挑戦してたとえ失敗したとしても、何もしないよりは遥かにマシです。全ての成功の影には幾十もの試みと失敗が隠れており、そして全ての失敗は成功へと通じているのです。最終的に後悔するのはいつも、挑戦して失敗した人ではなく何もしなかった人です。何もしなければ傷つくことは無いかもしれませんが、もし挑戦すれば成功したか失敗したのかどうかさえ一生分からず気持ちを割り切れず日々を過ごすのです。

Ⅷ失敗した自分を責めない。

8

私たちは時に、間違った人を愛したりどうしようもないミスを犯したりしますが、どんな状況が悪くなったとしても、ひとつだけ確かなことがあります。それはそこからどのような人を愛せばいいか、仕事を上手くやるにはどうしたら良いかを知ることができるということです。全ての間違いを悔やむのではなく、そこから学んでいかねばなりません。

Ⅸ幸せをお金で買おうとしない。

9

私たちが望むものの多くはとても高価でお金のいるものです。しかし、本当に私たちの心を満たすものは、愛や笑顔、仕事に対する情熱・・・・。値段のつけられないものなのです。

Ⅹ他人の幸せを求めない。

10

今もし自分が置かれた環境に満足がいかない場合、誰かと長期的な関係を築きながら幸せになることはできません。誰かと生活を共有する前に、自分自身の生活をしっかりと安定させなければなりません。

Ⅺ立ち止まらない。

11

考え過ぎも禁物です。物事にいつまでもクヨクヨしていると、自分自身でストレスを作り上げてしまいます。前進するには常にリスクがつきまといます。それでも状況を判断し、決断し、実行に移していきましょう。

Ⅻ準備が整っていなくとも進んでいこう。

Cat4.POxford.Whale Shark & gringos

チャンスが来たとき100%準備が整っている場合の方がよっぽど珍しいのです。なぜならば、人生を揺るがすほどのチャンスは、私たちが今自分が置かれた環境を乗り越えていくことなのです。

 

参照http://www.lifebuzz.com