【速報】「デング熱」代々木公園以外で新宿中央公園でも感染者出現

新宿

厚生労働省は5日、東京都新宿区の新宿中央公園でデング熱に感染したとみられる患者が確認されたと発表した。代々木公園周辺以外での感染が判明したのは初めて。

厚労省によると、感染者は埼玉県に住む30代男性で、8月30日に発症。9月1日に同県内の医療機関を受診し、5日にデング熱の感染が確認された。容体は安定している。

8月18~26日に新宿中央公園で複数回、蚊に刺されており、同公園で感染した可能性が高いという。

ソース:事時事通信