【あらすじ紹介】今期最高の映画グランド・ブダペスト・ホテルの感想【ネタバレ注意】

ヨーロッパ大陸の東端、旧スブロフカ共和国の国民的大作家(トム・ウィルキンソン)が語り始める、ゴージャスでミステリアスな物語—。

1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)が休暇で訪れたのは、かつての栄華を失い、すっかりさびれたグランド・ブダペスト・ホテル。ホテルのオーナー、ゼロ・ムスタファ(F・マーレイ・エイブラハム)には、いくつもの謎があった。どうやって貧しい移民の身から大富豪になったのか? 何のために、このホテルを買ったのか? なぜ一番狭い使用人部屋に泊まるのか? ムスタファは好奇心に駆られた作家に、彼の人生をありのまま語り始める。

name

遡ること1932年、ゼロ(トニー・レヴォロリ)がグランド・ブダペスト・ホテルのベルボーイとして働き始めた頃。ホテルはエレガントな宿泊客で溢れ、伝説のコンシェルジュ、ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、ゼロの師にして父親役だった。究極のおもてなしを信条とする彼は、マダムたちの夜のお相手も完璧にこなし、多くの客が彼を目当てにホテルを訪れていた。
しかし、彼の人生は一夜にして変わる――長年懇意にしていた“マダムD”(ティルダ・スウィントン)が殺され、遺言で貴重な絵画「少年と林檎」を贈られたグスタヴは容疑者になってしまう。

name2

ホテルの威信を守るため、謎解きに挑むグスタヴとゼロ。コンシェルジュの秘密結社クロスト・キーズ協会(鍵の秘密結社)や、ゼロの婚約者アガサ(シアーシャ・ローナン)の力を借りて、大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る!二人に迫る、警察と、真犯人の魔の手、そして開戦。果たして真相は――?

【公式サイト】http://www.foxmovies.jp/gbh/

【以下ネタバレを含むのでご注意ください。】

本作はずばり「グランド・ブダペスト・ホテル」という架空のノンフィクションの小説の内容が本編です。

 

 

SnapCrab_NoName_2014-6-19_19-9-0_No-00

時間軸は大きくわけて三つありまして、

  • 現代:少女が「グランド・ブダペスト・ホテル」の作家の記念碑の前で本を開く。
  • 1968年:作家が廃れたグランド・ブダペスト・ホテルのオーナーの老人、ゼロ・ムスタファからホテルを所有するに至った経緯を長々と聞く。
SnapCrab_NoName_2014-6-19_19-47-0_No-00

 

  • 1932年:このホテルの栄光時代。ゼロ・ムスタファの若き日々を描く。(←これがこの映画の本編)

 

 

と、少しややこしいですが回想が二重になっているわけです。

 

※以下、グランド・ブダペスト・ホテル=GBホテルと略します。。。

 

 

そして、この本は全部で五章から成るので、順に追っていきますが、まずは登場人物の紹介!

 

  • ムッシュ・グスタヴ・・・・ヴォルデモート。グランド・ブダペスト・ホテルのコンシェルジュ。
  • ゼロ・ムスタファ・・・・GBホテルの天涯孤独のベルボーイ。グスタヴの養子同然に可愛がられる。
  • アガサ・・・・菓子屋メンドルの天涯孤独のケーキ職人。ゼロと結ばれる。
  • マダムD・・・・グスタヴと愛人関係にある大富豪の老婦人。死後、グスタヴに希少絵画「少年と林檎」を分与する。
  • コヴァックス・・・・GBホテルのオーナー代理兼、マダムD死後の遺産相続執行代理人の弁護士。
  • ドミトリー・・・・マダムDの長男。グスタヴにマダムD暗殺の濡れ衣を着せ、「少年と林檎」を奪おうとする。
  • ジョプリング・・・・指輪をめっちゃはめてる殺し屋。ドミトリーに雇われている。
  • セルジュX・・・・VDuT家の執事。グスタヴの暗殺容疑を晴らす重要証言人。

 

さて物語を追っていきましょう!

 

第一章:〜ムッシュ・グスタヴ〜

SnapCrab_NoName_2014-6-19_19-51-29_No-00

時は1932年、GBホテルのコンシェルジュ、ムッシュ・グスタヴは、お金持ちで虚栄心が強く、だけど少し寂しがりやな人気者。そんな彼を目当てにたくさんのお客さんたちがホテルに訪れていた。

本編は大富豪の老婦人マダムとの、ホテルでの別れから始まる。

 

その後、グスタヴは新人ベルボーイ、ゼロの就職面接を始めるが、

経験ゼロ、教育ゼロ、そして家族もゼロな彼のことを気に入り、弟子として迎え入れる。

 

第二章~マダム・ C.V.D.u.T.

SnapCrab_NoName_2014-6-19_20-5-13_No-00

 

そんなある日、マダムDの訃報をグスタヴは聞く。

彼はゼロとともに急いでマダムDの城があるルッツへとゼロとともに列車で向かう。

 

しかし、戦争前夜のため国境は封鎖されており、列車の中に押し入った軍人たちによって無国籍を持たないゼロは足止めを食らってしまう。

そんな時、グスタヴの旧友、ヘンケルス警部補が軍人たちに同伴していたため、彼の計らいでゼロは特別許可証を発行してもらい何とかその場を通してもらう。

 

そして、マダムDの遺体が安置されているルッツ城へと到着。

そこはGBホテルのオーナー代理を務めるコヴァックスがマダムDの遺産相続執行をしている最中であり、

彼女の生前からの遺言によれば、全財産を息子のドミトリーに、特別手当を娘たちに、そしてマダムDの死の直前の遺言により、

ホイトル二世の幻の絵画「少年と林檎」をグスタヴに譲渡する旨を発表する。

 

納得がいかずグスタヴに詰め寄るドミトリ、そんな彼がいずれ必ず絵画の譲渡を邪魔してくると察知したグスタヴは、

ゼロとともに絵画を盗みに行く。

その時に「少年と林檎」に差し替えた絵画は・・・・まあ映画を観てのお楽しみ!!

 

またその時、ある封筒を執事のセルジュxが絵画の裏に忍ばせますが、それが後々物語上のカギとなります。

 

そしてホテルに戻り絵画を金庫に隠すゼロとグスタヴ、

そんな彼らに警察がマダムD毒殺の容疑でグスタヴを逮捕しに来ます。。。。

SnapCrab_NoName_2014-6-19_20-37-25_No-00

 

第三章~第9犯罪者拘留所〜

グスタヴが拘留所に入れられている間、ゼロはすっかりホテルの麓のお菓子屋さん、メンドルのケーキ職人アガサと恋に落ちていました。

SnapCrab_NoName_2014-6-19_20-2-35_No-00

拘留所にぶち込まれたグスタヴと面会に来るゼロ。

そこでグスタヴはマダムD暗殺容疑の告発人が彼女の全親類、

暗殺目撃者が執事のセルジュXであることを知り、

またセルジュXが失踪したことで、

正直者で嘘がつけないセルジュXがドミトリらに嵌められたことを察知します。

 

しかしC.V.D.u.T.家一族の力は強大で冤罪立証なので到底不可能。

そこでグスタヴはムショ仲間たちと脱獄を計画します。

 

分厚い壁を掘る道具のないグスタヴとムショ仲間たち、

そこでアガサにナイフを忍ばせた菓子を拘留所に送ってもらうことで、

何とか脱獄します。

その時のシーンも見どころですね(笑)

2

 

場面転じて、マダムDのルッツ城、

そこでは執行代理人のコヴァックスがドミトリに不正に組するよう脅されます。

脅しを跳ね除けたコヴァックス、

そんな彼はドミトリの仕向けた殺し屋ジョプリングに

バイクで追いかけられ博物館で殺されてしまいます。

指チョンパ・・・・・・。

 

5

 

第四章~カギの秘密結社~

ドミトリは絵画がすでに春画に変えられていたことに気づき激怒、

ジョプリングにセルジュXの妹の元へ向かわせます。

そこでジョプリングは妹にセルジュXが来たらルッツ城に戻ってくるように怖い顔で脅します。

 

一方脱獄したグスタヴを迎えにきたゼロ、

けれども行くあてなしに途方に暮れる二人。

 

そこでグスタヴが有名ホテルのコンシェルジュたちの秘密結社、

カギの秘密結社の手を借り、移動手段や情報を得て、

セルジュXの居場所、ケイブルマイスター山に向かいます。

 

一方電報によりセルジュXの居場所を知った妹は、

ジョプリングによって〇チョンパ。。。。。。

おそらく意図的なのかもしれませんが、その直前にアガサのシーンが挿入されていたので、てっきりチョンパにされたのがアガサだと一瞬ミスリードしてしまった人も少なくないハズ。(というか筆者がそうでした。)

 

ケイブルマイスター山に向かうゼロとグスタヴ、

さまざまな試練(?)を乗り越えセルジュXと対面、

彼からドミトリの不正を暴く証拠になる二通目の遺書のコピーの存在を聞き、

そのコピーの場所を聞き出す寸前のところで、

セルジュXはジョプリングに殺されてしまいます。

 

必死で雪山下りながらジョプリングを追う二人、

しかし逆に崖まで追い詰めらられてしまうグスタヴ、

そんなグスタヴをゼロがジョプリングを崖から突き飛ばすことで救います。

 

434

 

第五章~二通目の遺書の二通目~

a

絵画を奪い返しにグランド・ブダペスト・ホテルと向かうドミトリ、

絵画を手にし脱出しようとするアガサ、

脱獄したグスタヴを捕まえにホテルに待機する警察たち、

メンドルの菓子配達人に扮し、こっそり忍び込むグスタヴとゼロ、

ホテルは銃撃戦となります。

 

そして脱出をミスし窓のヘリに捕まるアガサを助けに向かうゼロ、

二人はともにメンドルの車の上に落下してしまうのですが、

菓子箱がクッションとなり無事に。。

そして、絵画の裏に二通目の遺書の二通目を発見する二人。

 

こうして、なんだかんだでめでたく全財産をグスタヴが獲得し、

ゼロとアガサもめでたく結婚。

幕はいったん閉じます。

kudokanaide

 

~その後~

しかしその後アガサは流行りのプロイセン風邪を患い短い生涯を閉じ、

 

また、まもなくして列車の国境検問が国の情勢により険しくなり、

ゼロの特別通行許可証を破り捨てられたことに激怒したグスタヴが

軍人たちに銃殺されてしまったことを老いたゼロが明かします。

 

There are still faint glimmers of civilization left in this barbaric slaughterhouse that was once known as humanity… He was one of them.

 

まだ残っていたかすかな文明の光、それがムッシュ・グスタヴだったと老いたゼロは語ります。

 

To be frank, I think his world had vanished long before he ever entered it – but, I will say: he certainly sustained the illusion with a marvelous grace!

 

かつてのグランド・ブダペスト・ホテルの日々は、確かに、淡く美しい幻のような日々だったのだと。。。。。

 


 

最後は意訳して強引にまとめてしまいました(笑)

一言でいえば、まるでカラクリ劇場のような映画でしたね。

お菓子工場のような淡い色彩など、現実ではありえない、映画でしか表現できない空間の広がりが感じられる・・・そんな映画でした。

キャラクターも個性的で面白かったですね~。

個人的には若き日のゼロの「口説かないで」がツボでした(笑)

音楽では三角の弦楽器のバラライカのトレモロがとてもマッチしていて絶妙でしたね。

バラライカは感傷的な音色から牧歌的な軽快なリズムまでと表現の幅が広くておもしろいなぁ~

特に最後のエンドロールで出まくってましたけどね(笑)

でもエンドロールと言えばやっぱりコサックおじさんですかね!

そして、なんちゃって全年齢対象になってますが、ところどころ残酷&アダルティな場面があるので、

R12~15くらいが妥当かもしれませんね~。

家族連れとかは気まずくなりそう(笑)

とにかく、アンダーソン監督の作品は今回が初めてだったので、他作品も見てみようと思います!

 

以上、グランド・ブダペスト・ホテルでした~。