【TBS金曜夜10時】第一話・ドラマ家族狩り【感想&ネタバレ】

児童ケアセンターの児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、酒乱の父親、駒田(岡田浩暉)から虐待される女児・玲子(信太真妃)のことで胸を痛めていた。子どもに何かあってからでは遅い、との悲痛な思いで仕事に向かい合っているが、その真剣さが周りからはうざったがられている。
家に帰れば、アルツハイマー型認知症の父・清太郎(井上真樹夫)と、そんな夫の看病に疲れた母・民子(浅田美代子)の愚痴にぐったり。心の休まる場所がない。

 

高校教師・巣藤浚介(伊藤淳史)は、日々の目的もなく、美術を教えている。恋人・清岡美歩(山口紗弥加)からは結婚を迫られているが、家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。せめて、暇を見て自分の作品を完成させ、世の中に認められたい。画家として生きていきたい、などと夢見たこともあったが、才能のなさを自覚してしまっている自分がいる。

 

ある日、浚介の住むアパートの隣で心中事件が起こる。
少年が、祖父と両親を惨殺し、遺書を残して、自分も自殺していたのだ。
密室での殺人であり、息子の手書きの遺書も残されていたことから、所轄は一家無理心中と断定。しかし、警視庁捜査一課の刑事・馬見原(遠藤憲一)は、「子供が親をこんなふうには殺せない」という独特の刑事の勘で、所轄の捜査結果に疑念を抱く。

 

これは、本当に一家心中なのか?
なぜ、このような事件が発生したのか?

游子、浚介、馬見原は、それぞれの自分たちの問題とむきあいながらも、好むと好まざるにかかわらず、この事件に巻き込まれていく。

 

【相関図一覧】

SnapCrab_NoName_2014-7-5_14-56-12_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-5_14-56-41_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-5_14-56-57_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-5_14-57-31_No-00

 

 

TBS金曜夜10時からのドラマ、家族狩りがスタートしましたね。

個人的に注目しているドラマのひとつであります。

 

 

たとえば、遊子が夜操出すシーンや、果物が切断されるシーンなど、

遊子(松雪泰子)が犯人であるかのような描写が多々ありましたね。

SnapCrab_NoName_2014-7-6_2-54-49_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-6_2-55-20_No-00

他にも現場に微かに漂う甘い香りと同じ匂いを、

遊子から刑事(遠藤憲一)が感じたり、

その後の遊子の視線などなど、

犯人であることは確定な気がします。

 

 

また、美術教師(伊藤淳史)の教え子(中村ゆりか)が授業のテーマで「家族」というワードに反応を示し、

眼が幾重にも描かれた不気味な絵を我を忘れて書いていたり、

そのを絵を褒めた伊藤淳史にをにらみつけたり、

自暴自棄になったのか援助交際へと足を踏み入れたりと、

明らかに問題を抱えているようでした。

SnapCrab_NoName_2014-7-6_2-50-1_No-00

 

また、特に主人公の遊子がDVを受けている子供を保護施設に預けたとき、

子どもから唾を顔に吹きかけられるシーンがとても印象的でした。

子ども、しかも少女がそういうこと行動に出るシーンって、

どうしても強烈なイメージがありますよね。

SnapCrab_NoName_2014-7-6_2-44-59_No-00

 

そして、刑事(遠藤憲一)が発見した、

少年の自殺現場で羽毛が舞う様は、

本当に美しかったですね(笑)

その後の立体的に舐めるようなアングル移動も、

とてもよかったです。

SnapCrab_NoName_2014-7-6_2-52-58_No-00

 

 

単なるサスペンスドラマかなぁ~?

と思いきや、

アルツハイマー病を患った父親とその家族の生活にも、

しっかりとしたリアリティがありました。

 

母子二人でお父さんが好きだった尾崎豊の曲を、

口ずさんでいるシーン、

その後の一家心中の提案に耐え切れず、

鰻重をはねのけるシーンなどなども良かったです。

 

ズバリ、注目のドラマですね(笑)

見続けてい行きたいと思います!