東京喰種(トーキョーグール)第二話「孵化」【ネタバレ注意】

死体の香りにつられ、喰種であるニシキと鉢合わせたカネキを救ったのは「あんていく」の店員・霧嶋董香(キリシマ トーカ)と店長の芳村だった。喰種としての飢えに悩まされるカネキに、芳村は「ある包み」を渡す。翌日、友人・ヒデ(永近英良:ナガチカ ヒデヨシ)のメールを見て大学に戻ったカネキは、ヒデから先輩の「西尾」を紹介される。それは、前日鉢合わせた喰種・ニシキだった。ごく普通の人間のようにふるまっていたが、帰り道に突然ヒデに襲いかかり、気絶させてしまう。 「お前の喰いモン汚しちまったよ」  カネキの前で再び喰種としての本性を現すが…!?

 

公式サイトより

まずはダイジェストでどうぞ!

SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-34-53_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-34-32_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-39-32_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-36-52_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-39-35_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-38-49_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-45-3_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-45-31_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-46-21_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-46-54_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-47-7_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-47-52_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-47-26_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-48-24_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-48-28_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-49-13_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-49-49_No-00 SnapCrab_NoName_2014-7-11_16-50-2_No-00

 

『本日のあらすじ』

第一話からの場面の続き、ぐずってるカネキくんがひたすらトーカちゃんにボコられる。

 

・グールたちの隠れ家の喫茶店あんてぃく店長のおじさん、芳村さんがトーカちゃんを止め

グールについての基本的な情報、そしてヒトの肉片もくれる。

 

・家に帰ったものの流石に人肉を食べる気はしないが、

突如リゼさんの誘惑が始まる。(リゼさんはカネキの脳内の存在みたいなもん)

 

・親友のヒデから大学の誘いのメールが来て、誘惑に打ち勝ち肉を捨て翌日大学に行く。

 

・なんと大学には昨晩会った読モっぽいグール、ニシキパイセンがヒデの知り合いだった。

 

・なんか知らんけどカネキ、ヒデ、ニシキの三人で仲良く帰ることに。(もちろんニシキの罠)

 

・人気の少ないところでニシキに二人とも襲われ、ヒデは気絶、カネキは腹部損傷のピンチ。

 

・ニシキが赫子でヒデにとどめを刺そうとする瞬間、カネキ覚醒。

リゼさんの赫子がにょろにょろ生えてニシキを瀕死に追いやる。

ニシキ「死ぬッ死ぬッ死ぬッ死ぬッ死ぬッ死ぬッッ!!!」

 

・またもやリゼさんの誘惑が始まる。

理性を完全に失い今度はヒデを食べたくなってしまうカネキくん。

 

・トーカちゃん登場、今度は赫子を使ってボコされる。

 

・目が覚めるとそこは喫茶店あんてぃく。

ヒデも無事芳村さんに保護されていためでたしめでたし!

 

・最後にCCG(グールハンター)の真戸さん(銀髪)と亜門(長身イケメン)が

一話冒頭でリゼさんとヤモリがプチ戦闘した高層ビルの屋上で検証している。

 

→END

 

 

『感想』

もうアニメなので漫画とは違ってだいぶ省かれている場所が多いので、

特にいちいち言及する必要はないかな~?と思いますが、

原作との相違点に触れると、

 

・最後の真戸さんと亜門のシーンの挿入。

・コーヒーがグールでも飲めることをカネキが自分で気づくのではなくて、

芳村さんに教えてもらうこと。

 

まぁそれくらいだと思います。

あと、一話の感想では言いそびれましたが、

カネキとニシキがコーヒーの棚で会うシーンも省略されていましたね。

 

またニシキの赫子(カグネ)の色が赤じゃなくてエメラルド色だったのが意外でした。

てっきりカグネの色って赤~黒のダークなイメージがあったんですけども、

ニシキのは爽やかな?色合いでしたね(笑)

もしかしたらゴムチューブを脚に巻いてるかのように見えなくもない?

 

そしてニシキがカネキに串刺しにされるシーンはネガ反転されていました。

最初オンエアで見ているときは、表現方法のひとつなのかな?

と思っていましたが、Twitterでの反応を見るに、

どうやら地上波放送の規制のようです。

 

その後の背景が黄色く妖しい感じになって、

リゼさんすうっと表れてくるシーンの音楽や非日常的な空間の描写も、

カネキの精神状態をよく表していて良いと思いました。

 

ってかリゼさんは出てきまくりですよね(笑)

原作だとせいぜいカネキが飢餓になると意識の表層に声として出てくる程度だったのが、

アニメだと実体化しまくりです。。。。

はじめて見た人は、

少年が紫色の髪の少女の霊に憑依されているとしか見えない気が・・・・(笑)

 

まぁ筆者にとってリゼさんはお気に入りのキャラなので、

出てきてもらう分には嬉しい限りですけどね!(笑)

 

次回は聖天使ヒナミちゃんの登場です!

お楽しみに!