『HERO』 第1話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

「時効寸前の宝石強盗事件」

SnapCrab_NoName_2014-7-15_16-57-35_No-00

 

 

ある晩、久利生公平(前作より出演[以下、前] 木村拓哉)が1人居酒屋で食事をしていると、店内でなにやら争う音が聞こえる。音のする階上部分に目をやると店員の坂下康明(田鍋謙一郎)が客に突き飛ばされ階段を転げ落ちてくる。突き飛ばした男は店を出て逃げようとするが、久利生が追いかけて行き、もみ合いながらもその男を取り押さえることができた。

 

 

事務官の麻木千佳(新キャスト[以下、新] 北川景子)は、検事部長である川尻健三郎(新:松重 豊)から今回新しく来る検事につくよう任命される。また東京地検城西支部のメンバーたちも新任検事に興味津々である。
しかし川尻からその検事の名前が「久利生公平」であると伝えられた瞬間、以前この城西支部で共に働いたことのある遠藤堅司(前:八嶋智人)、末次隆之(前:小日向文世)は驚きを隠せない。そこへちょうど久利生がジーパン姿で部屋から出てくるが、初めて会う検事の田村雅史(新:杉本哲太)や宇野大介(新:濱田 岳)、麻木は久利生のそのいでたちに呆然とする。

 

 

早速久利生は先日自身が取り押さえた居酒屋での傷害事件を担当することとなる。その取り調べ中に、この被疑者 大西祐二(森山直太朗)の指紋が15年前の宝石強盗事件の犯人のものと一致したという衝撃の情報が入ってきた。時価13億円相当の50カラットのダイヤモンドネックレスが盗まれたこの事件は、強盗事件では史上最高額と言われているもので、時効成立がなんと3日後に迫っていた。

 

 

時効成立まで残り時間が少ないことに焦る麻木。そして指紋だけでも十分宝石強盗事件の犯人として起訴ができるという城西支部のメンバー。しかしまだ起訴はできないと言い張る久利生に対し、川尻は担当検事を変更し一刻も早く大西を起訴するようにと指示を出す。

 

 

引き続き傷害事件の被疑者として大西の調べを進める久利生は、「酔っていて、なぜ店員を突き飛ばしてしまったのか覚えていない」という発言が気にかかっている。居酒屋で「とりあえずビール」という酒飲みのような注文をしていたと店長から聞き、大西が酒に弱いわけがない、突き飛ばしたのには必ず理由があると久利生は推測する。
しかし突き飛ばされた坂下も、骨折までしているのにもかかわらず自分が悪いので大西を許してあげてくれ、示談でかまわないと言うので釈然としない。

 

 

時効成立まで残り数時間となったが、いまだ被疑者が起訴されない状況に宝石強盗事件はマスコミからも世間からも注目を集めていた。久利生はなぜ起訴されないのかという質問に対し、起訴されて裁判にかけられることでその人の人生を変えてしまうこともあるからとりあえず起訴という判断ではだめだと答える。間違いなく犯罪を犯していることを確信できない限り起訴してはいけない、無実の人を絶対に裁判にかけてはいけない、と久利生は検事としての信念を語る。

 

 

久利生は再度居酒屋に足を運び、店長より坂下の履歴書を見せてもらう。すると大西と坂下の出身地は同じであり、そして大型バイクの免許を取得していることも発覚する。店の裏に置き去りなっていた坂下のバイクを見ると、それは15年以上前からある型で宝石強盗事件の目撃者が聞いたという“腹に響くバイクの発進音”のする大型バイクであった。

 

 

久利生が入院している坂下を問い詰めたところ、坂下は宝石強盗事件の実行犯をバイクで逃走させる役目を担っていた共犯者だったという決定的な証拠を得ることができた。坂下の証言から大西の宝石強盗による起訴は確定したが、その前に気になっていた居酒屋の傷害事件をはっきりさせようと再度久利生による傷害事件に対する大西の取り調べが始まる。

 

 

盗んだ宝石を隠し、時効成立の15年を待つことに決め普通の生活を送っていたが、ここに来て坂下が独り占めしようと隠し場所から宝石を移動させてしまった。それに気づいた大西が店にやってきて争いになったが、争いの理由が盗んだ宝石とばれるわけにはいかないため、坂下は大西とは他人を装い不起訴でよいと言い張っていたのだという。
これにて大西に対する居酒屋での傷害事件の起訴も決まった。また宝石強盗事件の起訴も無事時効成立直前に取り付けることができ、城西支部にも喜びが広がる。

 

 

場所は変わって、マスター(前:田中要次)の店。久利生が来店しているところに偶然麻木もやってくる。あいかわらず大好きなテレビショッピングを眺める久利生に対し、遠藤たちから聞いた雨宮という事務官の女性について「付き合ってたの?」と言及する麻木。「全部が全部うまくいくわけないでしょ」と久利生は言葉少なに答える・・・

 

 

キムタクの久利生公平、おなじみのBGM、テンポのよい八嶋さんのセリフ・・・前作から13年も経っている続編なのに、全くその年月を感じさせない内容でした!北川景子ちゃんを始めとする新キャストも楽しみですが、八嶋さん演じる遠藤、小日向さん演じる末次や「あるよ」のマスターなど前作からのキャストのやり取りも相変わらずおもしろいです。個人的には松たか子さん演じる雨宮が出てきてくれるともっと盛り上がるんですけどね!