『GTO二期』 第2話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

 

「家族崩壊の危機に鬼塚絶叫!純情少年を救え!涙のマラソン」

【生徒一覧】

SnapCrab_NoName_2014-7-16_15-55-58_No-00

【あらすじ】

 

鬼塚(AKIRA)のクラスの生徒・宇佐美太一(佐野玲於)が病院で、注意欠陥・多動性障害という障害を持つと診断され、父親の雅史(奥田達士)、母親の美代子(山下容莉枝)は衝撃をうけてしまう。たしかに昔から衝動的行動はあったが、高校生になってもそれがおさまらないことが気になってはいたとのこと。

 

 

ある朝あゆな(松岡茉優)が校庭で海を見ながら音楽を聴いていると、保健室登校の宮地めいり(三吉彩花)が声をかけてくる。あゆなは先日試した妊娠検査薬のことが気になって頭から離れない。そんな雰囲気をめいりは感じたのか「なんかあった?」と聞くが、あゆなは「何かはあるよ、いつだって・・・」と意味深な返事をかえす。

 

 

一方教室では水田智美(宮武美桜)のカバンの中に白い何かが太一によって入れられているのが見つかり騒ぎになる。イルカの耳の骨のかけら:耳骨だと成瀬つぐみ(小芝風花)が説明する。つぐみは太一とは小学校からの知り合いで、昔からちょっと変わったところがあったとほなみ(比嘉愛未)と鬼塚に話す。

 

 

ある日、体育の授業中に太一がいなくなってしまう。鬼塚が探しに行くと、太一は授業中であるということを忘れて砂浜でイルカの耳骨を探していた。弟の佑二(横山幸汰)の受験合格を願って耳骨を集めているところだと太一から聞き、鬼塚も一緒になって耳骨を探し始める。

 

 

宇佐美家では雅史が発達障害を専門にしている学校に転校させようと話し合いをしている。美代子は太一はちょっと変わっているだけだと反対するが、雅史は太一のためにも発達障害を自分たちよりもよくわかっている人たちに預ける方がよいという考えを述べる。

 

 

翌日、雅史が太一を転校させる旨学校に言いに来る。家族から離し寮で生活させる予定だという。それを太一にはまだ話していないと聞き、太一のためではなく雅史自身のためなのでは?と鬼塚は雅史につっかかる。
その頃教室では家族と離れて暮らすのは絶対に嫌だ、と太一がイスを振り回してクラスメイトに殴りかかっていた。それを見た雅史は「この子は普通じゃない」と言うが、それに対し鬼塚は「普通かどうかは神様でも決めることができない」と雅史に反論する。

SnapCrab_NoName_2014-7-16_15-31-29_No-00

 

鬼塚は太一の転校をやめさせたいと桜井(黒木瞳)に相談するが、この先もずっと太一を向き合って生きていくのは教師ではなく家族なのだから、家族の決定に従うしかないと言われてしまう。

 

 

学校帰り、太一は自分のせいで同級生に囲まれていじめられている佑二を助ける。しかし佑二に「兄弟のいない家に生まれたかった」と吐き捨てられてしまいショックを受ける。

 

 

鬼塚は授業中、太一が動き出したいのを必死に落ち着かせようとしているのに気づき、休日に太一を連れて気晴らしをさせに行く。砂浜で5つ集まったイルカの耳骨。鬼塚は太一に、何を5つお願いするのか?と問う。すると弟の受験合格、弟がいじめられないように、両親が仲良くなるように、母親の喘息がよくなるようにと・・・と太一は自分のことは何も願わず、家族のことばかり心配して4つの願いを口にする。家族が大好きだからと。

 

 

マラソン大会当日。まずは女子がスタートしたが、コース途中であゆなは下腹部の痛みで走り続けることができなくなる。先日学校のトイレで妊娠検査薬を試したところ陽性がでてしまったことが頭をよぎる。

 

 

男子もスタートをする。マラソンの練習のしすぎによる疲労骨折で入院していた太一も一番後ろではあるが一生懸命完走を目指して走っていく。雅史はまたも鬼塚に詰め寄ってくるが、雅史と美代子を前にして鬼塚は、太一が5つの耳骨に対し家族への願いばかり4つ口にしていたこと、そして5つ目の願いは「マラソンを完走すること」であったことを伝える。完走することで家族に認めてもらいたい、家族と一緒に暮らしたいという心の現われなのかと推測する母親。しかし鬼塚は太一の想いを口にする、走りきることでちゃんとやりきることができる、家族と離れても大丈夫だということを伝えようとしているのだと。それを聞いて美代子は泣き崩れる。

SnapCrab_NoName_2014-7-16_15-31-58_No-00

 

だいぶ時間はかかったが無事に太一も完走することができる。ゴール後、家族の前で我慢しなくていいんだぞという鬼塚の言葉に、家族と離れたくないと太一は家族に自分の本心を伝える。その気持ちを聞いて家族はひとつにまとまり、太一の転校の話はなくなる。

 

 

一方あゆなは「話がある」と葛木を呼び出すが・・・

 

【感想】

 

注意欠陥・多動性障害のようなイマドキの問題がテーマになっているあたり、さすがオリジナルの脚本だなと感じました。でも前回に引き続き、今回も家族の様子を見ながら涙する鬼塚を見て、こんなに鬼塚先生って涙するキャラだったっけ?と疑問を感じてみたりもしました。あゆなと葛木の妊娠問題は毎回少しずつしか出てこないあたり、今回のメインの話なのかなと想像しますが、どうでしょう?