『HERO』 第2話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

HERO第2話

SnapCrab_NoName_2014-7-15_16-57-35_No-00

 

 

「久利生VS敏腕弁護士!」

 

 

ある日城西支部は2つの強制わいせつ事件を取り調べることとなる。
痴漢常習犯のフリーターを馬場礼子(吉田羊)が、久利生公平(木村拓哉)は初犯のエリートサラリーマン・勝俣大毅(岩瀬亮)をそれぞれ担当することになった。

 

 

勝俣を久利生が取り調べると、仕事のストレスからつい魔が差して女性に抱きついてしまったと容疑を認めた。そこへ勝俣の弁護人である弁護士の桜井丈太郎(谷原章介)が訪ねてきて、勝俣を自宅に帰してほしい、被害者の女性とも示談の交渉をしたいと言ってくる。久利生と共に事務官の麻木千佳(北川景子)も桜井の話を一緒に聞くが、麻木は女性の気持ちを考えると勝俣が許せず、かっとなる。すると桜井から事務官は法律家ではないのだから素人は黙っていてと言われてしまう。

 

 

久利生は勝俣を釈放する。しかし勝俣を釈放しなければならなくなったのは違法な取り調べをした城西署の刑事が原因だと麻木は抗議するが、事務官に言われても・・・と全く相手にしてもらえない。いじけた麻木は久利生になぜ検事になれたのか?と聞く。すると久利生は自分は高校中退だと話すが、それを聞いて麻木は呆然としてしまう。

 

 

久利生と麻木は勝俣の被害者である宮原祥子(大谷英子)に会いに行くと、祥子は示談に応じるつもりはない、絶対に許せないから起訴して裁判にかけて欲しいと告げる。被害に遭ったときのことはあまり覚えていないが、キックボクシングをやっているため自然と手が出てとっさに反撃したと言う。

 

 

パトロール中に勝俣を逮捕したという警察官と犯行現場を見に行くが、ちょうどそこだけ防犯カメラがないと聞かされる。しかも勝俣のカバンはだいぶ離れたところに置いてあり、きっと祥子に反撃されたときにふっとんだのだろうと警察官は言う。

 
2人は城西署を訪れ、犯行時刻の防犯カメラの映像に勝俣が写っていないか調べて欲しいと依頼するが、ここでも事務官と検事の格差を感じ、麻木はショックをうける。

 

 

翌朝、桜井が祥子が示談に応じたと城西支部に言いに来た。2人は再び祥子のもとを訪れて話を聞こうとすると、以前会ったときの威勢のよさはなくなっていた。最近は眠れず、夜道が怖くて外出もできないと言い、震えている様子であった。肋骨に亀裂骨折を負った勝俣のレントゲン写真を盾に、キックボクシングを習っている祥子の抵抗は正当防衛ではなく過剰防衛にあたり、訴えることもできると桜井に言われ200万円の示談金で手を打つように詰め寄られたと祥子は久利生に説明する。

 

 

その夜犯行時刻に麻木が現場に行くと、そこには久利生も来ていた。犯行現場は部分的にものすごく暗いこと、そこだけ防犯カメラがないこと、カバンが脇にある茂みの中にあることから久利生は勝俣の犯行は計画的だったのではないかと推測する。痴漢ではなくレ○プ目的の犯行なのではないかと。

 

 

一方馬場が担当する常習犯の痴漢事件では被害者女性のうち3人は犯人の顔に見覚えがないと言う。久利生はこの3人は勝俣の被害者ではないか?と女性たちに勝俣の写真を見せるが、違うと言われる。しかしそのうちの1人は被害者ではないが、この人物が勝俣だと知っていると言う。なんと勝俣は大学時代からレ○プやレ○プ未遂を起こしていて有名だった。しかし全部被害届を出される示談にしているため前歴には載ってこず、今回が初犯扱いになっていたという。

 

 

城西署では勝俣は祥子が写る2時間も前に防犯カメラに写っているのが発見された。やはり駅から祥子をつけていたのではなく、勝俣は祥子を待ち伏せをしていたという証拠となり無事に起訴されることになった。

 

 

起訴状を提出しに行った2人は裁判所で桜井と出会う。桜井は久利生にいつでも弁護士に転進できると褒めるが、それを聞いた麻木は久利生は弁護士になれても、桜井が検事になることはできないと桜井に向かって言い返す。検事はお金のためではなく、社会や被害者のためという気持ちがないとできない仕事だから、と。

 

【感想】

やっぱり第2話もおもしろかったです!あの視聴率の第1話のあとの2話目もおもしろいなんて、さすがHEROですね。それにしても検事や事務官って実際馴染みがないのですが、検事って司法試験に合格してなれるものなんですね。そんなにレベルが高い職業だったとは!しかも久利生が高校中退だったなんて。前作でもこの情報は出ていたのでしょうか?全然知らなかったです。それで司法試験に合格しているだなんて、麻木ちゃんが驚きを隠せないのに共感です。

 
遠藤たち合コン組が「ありのままで」と連呼していましたが、ただ流行っているからなのか「アナと雪の女王」の中で、雨宮役の松たか子さんが歌っているからなのか・・・そんな小ネタが散りばめられているところがこのHEROのおもしろいところでしょうね。この先の事件自体も楽しみですが、城西支部全体の人間模様も楽しみです。久利生と麻木ちゃんの関係や、なぜか仲の悪い馬場検事と田村検事(昔つきあってたとか??)、雨宮は出てくるのか?などなど。また、角野卓造さん演じる牛丸の娘としてハリセンボンの近藤春菜さんが出るのでは!?というウワサが流れているようです。まさか~と思いますが、本当に娘役として出てくることがあったら・・・笑っちゃうとともに、ますますこのドラマが好きになっちゃうこと間違いなしだと思います。