『東京スカーレット』 第2話 あらすじ&感想【ネタバレ注意】

☆東京スカーレット ~警視庁NS係~☆  第2話

=あ ら す じ=

 

公式サイトのあらすじをご覧ください!

 

SnapCrab_NoName_2014-7-16_23-43-6_No-00

 

=感 想 記 事=

 

いきなり東京都知事役のラサール石井の登場。

第1話だけのチョイ役かと思っていましたが、今回も登場し、英会話力等の自慢の能力をにふんだん披露し、本当にちょっとの出演ながら、存在感を出し、次回も登場するだろうとの予測もさせてくれました。

 

 

本題は、NS係に初仕事が持ち込まれ、死体遺棄事件を捜査していく…と、言うのだが、疑問点がいくつか垣間見られました。

 

 

例えば、死体が遺棄してある現場に、刑事一人で行き、一人で土を掘りかえす…ありえないでしょう。

そんな刑事がいるわけないよ~、ちゃんと鑑識連れて行かなきゃだめでしょう!と、刑事ドラマを観過ぎな視聴者の意見です。

 

 

今回は、まるで2時間ドラマのような展開で、よくある刑事ドラマを見ている錯覚にも陥りました。

主役の水川あさみが目に入ってこない。

どうしても、キムラ緑子と生瀬勝久ばかりが目についてしましました。

 

 

前科のある犯人が、生瀬演じる阿藤宗介の過去を知っているようにほのめかすが、これもかなり無理がある持って行き方のように思えてしまいました。

でも、何らかの形で、そこに持って行かなければならないのだから、苦肉の策(?)とも思えました。

 

 

2時間ドラマのように思えた所は、特に村の景色が登場した辺りから。

この村の住人が事件に関わってきている…と、言うような事が出てきた辺りから、水川あさみは画面からいなくなったかのようでした。

 

 

影のある刑事の阿藤。そして、それを支える上司の出町。このコンビの物語のようにさへ思えてしまいました。

本当に鳴滝と阿藤がコンビのドラマなんだろうか・・・と、感じさせられます

 

 

生瀬勝久は、これまでの出演ドラマでも、数々の若手女優とコンビを組んできましたが、仲間由紀恵とのコンビが印象強く、他の女優とコンビのドラマは、なかなか成り立たないのではないかとも思います。

 

 

物語の伏線として、人気漫画家の夢野圭一郎の登場しますが、そんなに人気なのにアシスタントも無しでマンガを書いていってる?矛盾?

でも、今回のキーパーソンでもあり、彼無くしては、今話は進まず、解決していかない所がおもしろさも感じました。

と、言うより「日本の良い場所を残そう!自然を大切に!」と、までの副題を感じさせられました。

 

 

 

このまま物語は進んでいってしまうのかと思っていましたが、終盤、全く違う方向へ進んでいき、意外な結末を迎えて行く…これは、おもしろい!と、感じさせられました。

 

 

全部、この事件の真相は、死体遺棄事件の容疑者と同じく、あの村を出ていった人達が作り上げたものだった…。

あの村を残したい、好きだからの一心で、高額納税者の漫画家夢野を村から出したくない思いで作り上げたもの。

勝手な事件…のようにも思いますが、夢野もこの村を知って、マンガを書く意欲が出てきたのだし、その題材にもなっているのだし、好きな場所なんだから、お互い様で、良かった良かった~ですね。

 

 

しかし、阿藤が「人口推移グラフ」から、この事件を解決に結び付けていく…警察って、細かいところまでチェックするんだな~と、感心!ドラマだけではなく、日本の警察がそうならば。

 

 

鳴滝のセリフに「すっごく幸せな事件でした。だれの命も奪われていないんですから」とある。

これは、本心だとは思いますが、刑事ドラマとしては、幸せな結末で良かった~とも思えますし、刑事ドラマらしくない!と、つまらなさも感じたり。

視聴者はワガママです。

 

 

その鳴滝と阿藤のコンビは、最後まで感じられませんでした。

一緒にいると言う場面も、ほとんどないので、コンビとの印象も薄いのだとも思います。

 

 

次回から、もっと阿藤と鳴滝のコンビらしい演出を期待したいです。